<< パク?ヨンハさん法要、ヨンハTシャ?/em>着て参列するファン? | main |

スポンサーサイト

  • 2011.12.20 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


急速給電システム:従来より5倍速充電 キャリオ技研が開発 あすから展示 /岐?

 ◇被災地で活用期待
 環境技術の開発と街の活性化を目指し、御嵩町と相互連携協定を締結した「キャリオ技研」(名古屋市、富田茂社長)が、太陽光発電と組み合わせた「急速給電システム」を開発、21日、同町商工会館で記者発表した。持ち運び型のソーラーパネルを使い、従来より最大5倍速で充電するうえ、リチウムやニッケル、鉛などあらゆるバッ テリーの充電が可能。非常用電源や被災地での飛行ロボットの電源など、幅広い用途での活用が期待されるという。【小林哲夫】
 同社は08年11月に同町と協定を締結。同町ECOビジネス創出実行委員会(事務局?町商工会)が創設した研究開発助成金を受けて研究を進めていた。従来の充電器は、所要時間が一定で長く、電池の機種への対応能力も限られて いた。同社が開発したシステムは、電池を並列的にバランスよく充電することで時間を短縮、一つの充電器で多様な電池に充電できるようにした。
 KYB(東京都港区)が開発したソーラー投光器と組み合わせたシステムは「MEPPU」(みたけ?エマージェンシー?ポータブル?パワー?ユニット)と名付けられ、ソーラーパネルを背負って被災地に入り、探索 RF Online RMT 活動や通信機器として活用できる。
 充電器本体は、長さ約20センチ、幅13センチ、厚さ6センチの軽量アルミ製。ソーラーパネルを含めた総重量は5、6キロと軽く、簡単に運べる。
 富田社長は「充電時間は従来の0?1?5倍速の間で自由に設定できる。ゆっくりならすき間なくたっぷりの充電が可能で、緊急充電すれば機器の手早い操作ができる」 Souten RMT と話し、「飛行探査ロボットなど被災地での活躍が期待できる。メーカーとの協力が進めば、さらに活用範囲が広がる」としてパートナー企業を探している。同システムは23、24の両日、御嵩小学校で開く同町産業祭で展示される。

10月22日朝刊

【関連記事】
御嵩の陥没:「地震と思い外へ」 住民語る また起きた亜炭鉱被害 /岐 阜
コスモス:100万本満開??昭和村 /岐阜
美濃加茂自立支援センター:ポルトガル語でメール配信 事件や防犯啓発情報 /岐阜
美濃加茂市議会:新議長に森氏 副議長に片桐氏 /岐阜
選挙:可児市長選 候補者の横顔 /岐阜
引用元:エルソード rmt

スポンサーサイト

  • 2011.12.20 Tuesday
  • -
  • 11:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM